「下栗いもに習いたい!」と   chito

 地域に残る伝統野菜のいもを守り育てたいと、この22日の午後、土田改良普及員の案内で、奈良県の職員の方1名が視察に見えました。下栗からは、里の会会長と特産部長が対応しました。奈良県南部の天川村大峰山の麓、洞川温泉付近で作られている「どろがわいも」の保存増産に取り組みたいとのことです。下栗では伝統野菜でありながら、比較的大規模に、しかも生産者がよく組織されていること、このことの秘訣は何かと熱心に質問されていました。奈良県の取り組みがぜひ成功して、いもが取り持つエニシのようなものが生まれると良いのですが。

s-dscf2448.jpg

種芋の消毒とか色々忙しい日々      ziizi

2017.3.16(木) 晴れ

今日は行事や作業が色々とありました。まずは下栗芋の種芋の消毒作業。集会所の庭に各自で持ち込み、共同での消毒作業でした。芋の肌と食感を損ねる「黒あざ病」「ソウカ病」を予防するためのひと手間です。 この作業に先立ち、秘密の伝統作物の栽培奨励の話や下栗芋の多収化に効果のある栽培方法の提案とか、しっかりと学習して今年の作付、栽培に向かいます。

dscf3041.JPG

どうも里で一番早い農家でしょう。もう植え付けを終了しました。当然のこと、病気を防ぐための消毒は済んでいます。

dscf3030.JPG

dscf3031.JPG

夜には「下栗生産森林組合」の36回目の総会開催されました。すべての議案を原案どおり可決され、役員の改選も行われ新年度に向かいます。

小学校の卒業式もあり、お茶の栽培の講習会もありました。

さて、他にもいくつかの小さな出来事が。

①モグラが転落して凍死?昨日の事でした。H=4mのコンクリート擁壁の上には畑があります。かわいそうだけどそのままにしておきます。今日にはいなくなっていました。食物連鎖です。上位の獣などが片付けて行きます。

dscf3033.JPG

②木沢村の梨元停車場に立派な施設が出来ています。工事看板には「コア施設」とありましたが、意味は解りません。埋もれ木の展示の一翼を担っているようです。立派な屋根ができて、風化の進行は防いでいける事でしょう。

dscf3028.JPG

③同じく木沢村の取水堰堤の水面にカモが3羽泳いでいました。北帰行しないのかな?。ずーっとカメラで狙ってみたけれど、 逆光で撮影できず。8時15分頃には泳いでいるのだけれど、帰りの時間帯の9時15分頃にはどこかへ行ってしまいます。 撮りたい!。明日も頑張ろう!。

④昨年救助した「山百合」が、おそらく猿の仕業でしょう。球根を掘られてしまいました。おまけに、栽培種の百合までやられました。  クソ‼。 絶対に退治してやる‼  おまけに自宅の上部の土手は猪と思われる掘削の跡が。掘削は比較的おとなしいので子供と思います。もっと上の畑で掘り返されていたので、くくりワナを二つ掛けて待っていたのに周囲で悪さをしています。彼らの方が上手です。椎茸の防御をしなければなりません。

里の美味しいもの座談会(3/4 kazu)

最近ちょいちょいブログネタにしている「里の特産品」を考えてみようと、里の若手が集まり座談会を開きました。この日のテーマは「里の昔ながらの美味しいもの探し」として、里の食名人のひとりhanaさんを囲んで、里の農の話や試食をしながら、皆で里トークで盛りあがりました。

dsc01182.jpg

dsc01193.jpg

座談会の詳細については、もったいぶらせていただきますが(笑)、今後、里の若手で「何かやってみよう!」と活動を拡げていきますので、また、機会があれば報告させていただきます。関係者の皆さんのご理解とご協力をお願いします。

里の当面の予定

2017.3.5(日)☀ 

ついこのあいだ年が明けたなあと思っていたらあっという間にもう3月です。毎日が過ぎていくのがとっても早い。もうちょっとゆっくり生きて、プレミアムエブリデイを満喫したい。魚釣りもしたい、山へも行きたい、花を見に行きたい、旅に行きたい、松本山雅の応援にいきたい.......................。

当面の里に関する行事予定を解っている範囲でお知らせします。各所属団体の行事計画の参考にしてください。

3/12(日)津島牛頭天王神社例大祭 7:30〜

3/15(水)遠山中学校卒業式   朝~

3/16(木)かみむら小学校卒業式 朝~          17:30〜 送別会

3/16(木)里の会主催 下栗芋種イモの消毒  午後から交流会館の庭で

3/16(木)下栗生産森林組合36th定期総会 18:30〜 下栗総合交流会館にて

3/21(火)高齢者クラブ役員会19:00〜   この後3月中に総会が開かれます。

3/26(日)下栗自治会総会 13:30〜

● 公民館下栗分館、霜月祭保存会も総会時に向けての準備があります。関係者(-_-;)

4/9(日)山岳遭難対策協会遠山地区救助隊の総会 10:30〜   南信濃地域交流センターにて

4/22(土)、4/23(日)小川路峠道普請   主催:上町地区

◎ 4月中には「花いっぱい運動の作業とお花見」が開催されます。

3/2にはボタン雪が降ったけど大したことなくてすみました。

dscf3010.JPG

寒いからと油断していたら椎茸は育っていました。慌てて収獲。

dscf3011.JPG

忘れらない夏の思い出を・・・(2/27 kazu)

毎年、里に農業体験に訪れているH小学校5年生から「感謝の会」に招待されて里の住民が、市内の街中にあるH小学校に行ってきました。子ども達からの工夫を凝らしたおもてなしに、笑顔があふれるよい会でした。地区外の小学校という事もあり、写真は控えさせていただきますが、展示された子どもたちの作品が素晴らしかったので、今回はそちらで報告してみたいと思います。

dsc011311.jpg

「しもぐりのおいもほり」というタイトルですが、里の傾斜や土留め用“よせ”も描かれ、背景の山々もいいですね!

dsc01124.jpg

「下栗のブルーベリー」というタイトルですが、子ども達の感想からも、「とてもおいしかった!」という声がたくさんあり、この体験は大好評だったそうです。

どちらも里特産品のラベル化に検討したいようないい笑顔ですね(笑)

他の絵もたくさんあるのですが、それ以外に木沢地区の霜月祭の版画や、遠山郷体験の感想を書いた習字作品がありました。個人的に気に入った感想をいくつか紹介すると

 「下栗の 山の景色は 世界一」

「下栗で きれいな空気 気持ちいい」

「おいもほり いももでるでる あせもでる」

「忘れない 霜月下栗 あのけしき」      など、嬉しくなるものばかりでした。

最近は気温も暖かくなってきて、徐々に春が近づいてきている気がします。里の会話でも農作業の準備が話題になってくるようになりました。子ども達から元気をもらって、ひと足早く、春のような暖かさを感じたひと時となりました。