下栗の里夏祭り~日本一小さい花火大会~のお礼

8月14日に第16回下栗の里夏祭りがにぎやかに開催されました。

前日準備が雨で出来ず、当日も時折降る雨を心配しながらの忙しい準備でしたが、少ない役員以外に、毎年来てくれる頼もしい応援団の皆さんのおかげでなんとか間に合わすことができました。

e38388e383bce382afe382b7e383a7e383bc.jpg

今年はコンサートではなく、里の応援団の一人で写真家の白鳥悳靖さんが7月末に発刊したばかり写真集「天空の里~遠山郷・下栗」のトークイベントを行いました。写真展示だけでなく、スライド投影もしながら、白鳥さんが6年間通い撮り続けた里の写真と魅力について語っていただきました。トークショーは初の試みでしたが、下栗の良さを皆で共有しあうことができて、来場者だけでなく、盆に帰ってきたご先祖様も、きっと喜んでもらえたと思います。

その後、予定外でしたが、たまたま里に合宿に来ていたアイリッシュ音楽の愛好家グループと信州大学の学生が飛び込みで演奏をしてくれるなどサプライズもあり、恒例の流しそうめん、日本一小さな花火大会、盆踊りも盛り上がり楽しい夏祭りにすることができました。

e5af84e4bb98.jpg

 今年も里の夏祭りに大勢の方からご寄付をいただきました。いつも里を想って応援してくださっている皆さんに心から感謝を申し上げます。

(続)渓へ行く.........ziizi 

2018.8.10の事。

南アルプス行きが挫折したので、さて、どうしよう。完全オフなしの一年間。そのうちに行こう、そのうちにやろうと言っていると実現しない。いろんな事をやりくりしての結果、朝からの休みをゲット。相棒と4時起きで渓に向かう。

dsc_0092.JPG

前回の台風で河床が上昇。流れ出た土石が河床を押し上げ、出水時はさらにその上を水が流れるから、希少植物は流失寸前までに。

dsc_0093.JPG

川原を歩くこと90分、やっと竿を出す。相棒のテンカラにはそこそこのヒット。3時間程楽しんで納竿。南アルプスから流れ出す川は期待を裏切らなかった。

dsc_0101.JPG

36 ㎝の岩魚にご対面。

dsc_0102.JPG

度重なる土石流に鉛筆のように削られても凛として直立する立木。頑張れ!。

盆行事の再度のお知らせ

8/14(火)19:00から「里の夏まつり」開催です。 おなじみの「日本一小さい花火大会」 、「流しソーメン」、「盆踊り」、里の営みをやさしく切り取った写真集を出版された「白鳥氏」の講演から始まります。

8/15(水)13:00から拾五社大明神で「掛踊り」が行われます。

蕎麦が発芽しました。.................. ziizi

2018.8.8(水)晴れ

7/31に播種した蕎麦が発芽しました。   (蒔いた人への報告です)

dsc_00901.JPG

台風13号が来るというので、荒れる前にと、久しぶりに渓に行ってみました。午前中は仕事なので、昼食後にちょこっと。小さい渓なので、提灯釣りでアタック。一投目でヒット。生息していること自体がうれしいので放流です。その後のヒットした中の1尾をお持ち帰り、8寸5分の岩魚。美しい。

dsc_0079.JPG

dsc_0082.JPG

水しぶきを浴びて涼む。これも渓行きの楽しみです。

山行き延期に .................. ziizi

2018.8.5(日)

今日は、県知事選挙の投票日です。投票権利を放棄しないようにしましょう。

さて、明日6日からの予定だった山(聖岳)への計画は延期に。メンバーの都合により仕方ない。単独行は技術、体力、知識が伴わない我らは絶対にやってはいけないと決めているからね。

dsc_00551.JPG

酷暑の中、やっと「いも掘り」が終わり、蕎麦の種蒔きも終了。今年の芋は大きい(我が家だけなのか?)でも、芋の肌は綺麗。

dsc_0067.JPG

夏の花「レンゲショウマ」も きれいに咲いています。昨年から林内に預けました。とりあえず、鹿に食べられない事を考えれば良いので今年のような酷暑や干ばつの気候には山に預けて正解です。