かけ踊り体験授業in上村小(6/19kazu)

毎年8月15日に拾五社大明神で行われている雨乞い祭事「かけ踊り」を上村小学校の児童達に体験してもらう授業が初めて行われました。

今年、里には小学生がいません。かけ踊りの花形で女の子が笠を持って踊る「子女郎」役を地元小学校の子ども達に募集してみようという保存会の提案に対して、学校側が是非授業としてやってほしいと応えてくれて、初のかけ踊り体験授業が実現できました。

1561112698594_s.jpg

p6193590_s.jpg

女の子には子女郎役を、男の子には大人がやる太鼓打ちを体験してもらいました。当然、かけ踊りは初めてという子どもた達でしたが、みんなで楽しく体験ができました。

p6193595_s.jpg

 子女郎役の募集にも早速応募してくれた女の子がいたようです。今年のかけ踊りはかわいい助っ人と一緒に里の大事な伝統祭事を行うことが出来そうです。

いつもより10日遅れです.....ziizi

6/5(水)曇り

6/9でJAの茶工場が終了するので、里では茶摘みの最後の追い込みです。霜や雹などの冷害に翻弄されて いつもの年に比べて10日も遅くなりました。dscf7983.JPG

やきもきしながら茶摘みにこぎつけた山の茶畑です。

先日6/2(日)には、土砂災害の避難訓練を行いました。大雨の時は無理に避難所へ移動するよりも自宅に待機するのが安全なのかなと。ただ、来訪者(観光等の人)のためには、避難所の開設はしなければなりませんね。

訓練終了後、山を管理する組合の役員で先週に続いての伐採作業。荒れ気味となっていた「お祭り平」の広場の草刈りや周囲の高木の伐採をしてすっかり明るくなりました。目的は、多目的な活用と、里人の命を守るため、ドクターヘリの着陸の場所を確保したいとの思いです。

dscf7977.JPG

同時に、モミジの植栽木への施肥と周囲の雑木処理もやりました。何年か後にがきれいな林道になればとの思いで植樹をした後の管理作業です。

この時期、里には白い花が咲いています。 意外ときれいなウツギの花 ↓dscf7966.JPG

好きな花、ヤブデマリ ↓

dscf7967.JPG

いつもの、ナンジャモンジャも咲きました。 ↓

dscf7968.JPG

山には、ミズキも咲いています。

滝、現れました。........ziizi

  先週、雨の日だけ現れる滝が現れました。きれいだけど、大雨の印だからもろ手では喜んではいけないのかも。

p1090675.JPG

里はレンゲツツジが見頃です。

p1090676.JPG

(余談)娘の所へ来てくれた「ばあちゃん」に仕事をしてもらった。薬草の洗浄の作業。曾孫と婿が採ってきた薬草を洗ってくれました。ありがとうね。これは、秋に薬草屋さんに売ります。

p1090653.JPG

成果は曾孫のお年玉になりますけど。

先日、里の自前のヘリポートを確保しようと6人で所有山林の伐採作業を開始しました。 さすがに1日では無理。次週に作業は継続となりました。その範囲に咲いていた「ミヤマザクラ」が満開でした。

p1090685.JPG

手造りパンいただきました。.....................

5/25(土)晴れ

p10906881.JPG

Nさんから焼き立てのパンをいただきました。なので、昼食は米からパンに変更。ブルーベリージャムとイチゴジャムとマーガリン、コーヒーで美味しくいただきました。

花粉飛んでます。............

5/19(日)晴れ

杉、ヒノキに続く第三段。松の花粉発生中。

p1090669.JPG

庭にはコバンソウがいっぱい実(花)を着けているけど我が家の財布には貢献 なし。夢だけ見ることにしましょう。

p1090672.JPG

遅ればせながらオオデマリが白くなってきました。年々遅くなるけど、今年は特に遅かった。前はGWには白くなっていたのに。

p1090673.JPG