猟師に一歩ずつ。

 2/1(日)晴れでした。

画像のUPが出来ず、強制的に貼り付け。若いオス鹿を入手し、暖かかったので、午前中から初の解体作業に挑戦。これが出来て猟師としての体裁が整う事になる。(ziiziの勝手な定義)

足場を組んで逆さに吊るして皮を剥いていく。専用の肉用包丁がないので小型の三徳包丁を綺麗に砥いで とりかかる。意外と切れるではないか。毛が肉につかないように丁寧に剥いで午前中で丸裸になりました。

 s-dscf0802.jpg

内臓、前足、 腿は生ハムを作成中のM氏に進呈。背ロースを近所におすそ分けし、残りをステーキ用に日本酒と塩コショウで下味をつけて冷凍保存。残りは「にんにく醤油漬け」にして玉ねぎと炒めていただきました。

 s-dscf0806.jpg

命をいただくのだから無駄には出来ません。

コメント停止中