6/6 盆踊りの練習をはじめました(kazu)

里には受け継いでいきたい伝統芸能や文化がいろいろあります。

 12月13日の霜月祭り、8月15日の掛け踊りなど文化財に指定されたもの以外にも、結婚式などお祝いで謡われる「めでた」の唄や、8月14日の夏祭りの最後に皆で踊る「盆踊り」などがあり、この楽しさや唄や踊りを若い衆らにも伝えていこうと、今回は、盆踊りの練習を自治会で企画(共催:下栗分館)しました。

dsc04356.jpg

踊りの先生はHさん(写真右)が引き受けてくださいました。若い衆はH先生について踊りを覚えました。

imag0966.jpg 

唄の先生はSさん(右)とTさん(右から2番目)です。貴重な機会なので、参加した若い衆でいろいろ教えていただきました。自治会書記のKさんも熱心に勉強中です。

imag0956.jpg

気分を盛りあげるため、ちょっとお酒もたしなみ(笑)だすと、唄や踊りの指導だけでなく、昔の盆踊りの想い出話などもでてきて盛りあがり、楽しい練習となりました。

次回の練習は6月20日(土)の19時から下栗交流会館で行います。せっかくなので、発表もしようという事で、7月5日の上村総合文化祭で披露する事になりました!もちろん、夏祭りもあるので、今年の盆踊りは盛りあがること間違いなし!。みんなで里を楽しみましょう!

コメント停止中