里の子どもと若手で霜月祭公演(9/24kazu)

この日は、飯田市内の上郷という地区にある立派な舞台で、子どもと若手で霜月祭の「たすきの舞」を発表をしてきました。研修ということで依頼された特別公演で、今回は、伝統を受け継ぐ立場として、子どもと若手に任された訳ですが、なんとか、無事に役目を果たしてくることができ、ひと安心です。

036_s_s.JPG

 地区外での公演は初めてだった子ども達は緊張しながらも、練習の成果を発揮して元気よく踊ることができました。

子ども達の通う小学校のホームページでもこのことが紹介されていました。先生達も応援してくれていたようです。少ない人数でも、ふるさとに自信をもって、里らしい人間に育っていってほしいですね!

上村小学校ホームページより

http://kamimurasc.ed.iidanet.jp/news/%e4%bc%8a%e9%82%a3%e8%b0%b7%e6%b0%91%e4%bf%97%e8%8a%b8%e8%83%bd%e5%9b%a3%e4%bd%93%e9%80%a3%e7%b5%a1%e5%8d%94%e8%ad%b0%e4%bc%9a%e7%a0%94%e4%bf%ae%e4%bc%9a.html/

 子どもを指導して、一緒に舞った若手にとっても、里の魅力や仲間の絆を再認識するよい機会になり、慰労会でもいろいろいい話ができました。

e38182e38195e381b2_s.jpg

ちなみに場所は「喫茶かみ」だったので、みんなで「あさひさん」の絵画展も観覧しました。里の高校生も頑張ってます。里の子ども達の成長をみんなで応援していきましょう!

コメント停止中