かけ踊り体験授業in上村小(6/19kazu)

毎年8月15日に拾五社大明神で行われている雨乞い祭事「かけ踊り」を上村小学校の児童達に体験してもらう授業が初めて行われました。

今年、里には小学生がいません。かけ踊りの花形で女の子が笠を持って踊る「子女郎」役を地元小学校の子ども達に募集してみようという保存会の提案に対して、学校側が是非授業としてやってほしいと応えてくれて、初のかけ踊り体験授業が実現できました。

1561112698594_s.jpg

p6193590_s.jpg

女の子には子女郎役を、男の子には大人がやる太鼓打ちを体験してもらいました。当然、かけ踊りは初めてという子どもた達でしたが、みんなで楽しく体験ができました。

p6193595_s.jpg

 子女郎役の募集にも早速応募してくれた女の子がいたようです。今年のかけ踊りはかわいい助っ人と一緒に里の大事な伝統祭事を行うことが出来そうです。

コメント停止中