3/10(日)津島牛頭天王神社の例大祭がありました。.........ziizi

3/10(日)曇り

津島牛頭天王神社の例大祭 がありました。今年は例年と違い、鳥居の建立を祝って「殿入り」という祭事を行いました。

p1090567.JPG

祝詞を奉じてから、笛、太鼓に乗って社殿に向かって舞い込みました。

p1090570.JPG

鳥居建立にあたっての御芳志にたいし厚く御礼申し上げます。

春になったのでテーマ画面を春バージョンに変更しました。これから、卒業・入学・入園などいろいろと忙しい日々が続きます。

p1090557.JPG

「ネコヤナギ」も、春だよって告げています。 今年の農作業は早めに推移しています。

行ってきました豊川稲荷

2/17(日)快晴

昨年末から計画していた飯田線を使っての豊川稲荷へ行ってきました「下栗 里の会」の一行。天気に恵まれて楽しい旅。道路の整備も著しく進んで里からJR飯田線平岡駅まで30数分で到着。今日は、梅花駅伝開催日なので混雑するのかなとチョッと心配もあったけど、早朝だったので何事もなくすんなりと駐車場へ。7時34分発の車両に収まりました。会長の挨拶と乾杯で楽しい時間の始まりです。最初の目論見では、伊那小沢の駅に咲く桜の花を愛でて、東栄町からの板敷川をながめてなどと思っていましたが全てスルー。ハイボールとビールのせいです。豊川駅へ到着して徒歩で豊川稲荷へ。

p1090528.JPG

たくさんの織を進むとキツネ千体の奥の院 があって願い事をしてきました。織の中には、隣国の会社が奉納していました。「〇〇公司」って書いてあったからそうだと思ったけど。他の奉納の織に比べてしっかりとした隷書体のような文字で、さすがの漢字の基の国と思いました。

p1090532.JPG

奥の院はパワースポットとの事でしたので、なにとぞ、お力を願いします。帰りの店めぐりでは、お稲荷さんを買ってこなければ。でも、今日中に食べる事の賞味期限。だから、夕食用に2品を買ってきたのはベストなチョイス。おいしくいただきました。

p1090538.JPG

湯谷温泉では旅館の料理と温泉でゆっくり。今では幻といわれる酒蔵さんの日本酒を幹事さんにおねだりしてしまいました。少しだけ散財?

p1090537.JPG

無事に帰りつきました17:30。

雪は降るけれど............ziizi

1月になってから、粉雪が舞う日、積雪があった日を数えると8日。それでも乾いた地面は全く湿らない。31日の雪は里や周囲を真っ白に覆ったけれども翌日にはすっかり消えました。沢の水は枯れてきていて水不足ってことになるのかな?

p1090512.JPG

p1090514.JPG

屋敷集落からは、池口岳(右奥)と加々森山(中央)が真っ白になって朝日を浴びて輝いていました。

p1090515.JPG

一方で、すぐ雪が融けるので山の仕事ははかどります。寒さの対策さえすれば、午後4時までは山に入っていられます。だから、長年、放置されていた 周囲の草を刈ります。山の中には、葛葉の蔓が縦横に走り、小竹が侵入し、野バラが行く手を阻みます。落ち葉とイガを大量に落とす自生の山栗をこの機会に伐採します。太い幹は長さを2~4mに切って四つ割りにして斜面の土留め用の寄せ材にします。ナラの幼木は残してきのこ用木に育てましょう。

乾燥続く..........ziizi

2019.1.18(金)晴れ

年末からほとんど雨が降りません。たまに、雪が舞う程度でカラカラに乾燥。だから、小柿(正しい名前は知らない)が枝についたまま干し柿になっている。つまむと甘い。

p1090501.JPG

さて、国道から10分ほど登るりきると道は平になって里の入口の中根の集落に出ます。風景の邪魔をしていた木を切ったので南アルプスがバ~ンと迎えてくれます。切った木は椎茸の原木にします。地主さんありがとう。

p1090504.JPG

残っていた餅は、雑煮にしていただきました。雑穀餅、最高です。

p1090498.JPG

「春日待ちの祭り」ありました...........

1/13(日)晴れました。

午後から津島牛頭天王神社と拾五社大明神「春日待ちの祭り」がありました。

dsc_0328.JPG

今年は特に天気に恵まれて金毘羅碑の前でも穏やかに神事が終了。宮元から「氏子、信心深く勤めれば幸せ訪れる年となる」と金毘羅様からのご託宣があったとの事。

dsc_0339.JPG

全ての神事を終了し、大祭(昨年12月)の反省と慰労を兼ねて「一杯 」が振る舞われました。

dsc_0341.JPG

霜に当たって甘くなったカワラズミ。(大野)

dsc_0327.JPG