春日待ちの祭り

1/13(月)晴れ

午後から拾五社大明神において「春日待ちの祭り」がありましたヨ。神事の後は、年末の大祭の反省会を兼ねていて、また、大祭に従事した禰宜様、主体的に頑張ってくれた氏子の人達(協力委員)、拾伍楽坊の青年衆の慰労をも兼ねての振舞いもです。

「日待ち棚」にお供餅、他に大豆(まめ)、栗、柿をお供えして一通りの神事を行いました。「マメ(元気)で来る来る掻き獲るように」のこと。五穀豊穣を願います。

img_0519.JPG

この日に併せて、「金毘羅・秋葉の権現碑」の前にて同じく神事を行いました。拾五社大明神の祭事は集落の安全と五穀豊穣 を願うことが根本です。

1/14(火)晴れ

さて、晴れがあれば里の人達は農作業や山の 作業をします。椎茸の原木の玉切り・搬出や畑の整理などが今の時期。南天やぶどう、柿の木の剪定などいろいろの作業を目撃します。

我が家でも、畑の草を整理していたら、冬眠中の方を起こしてしまいました。ごめんなさいです。

img_0522.JPG

顔が完璧に怒っていましたヨ。 プンプン

img_0524.JPG

だから、そ~っと穴を掘って、寝床を作って再度眠りについていただきましたヨ。

雑草だらけの畑ですが、毎年落ち葉を投入して土が柔らかくなっているので彼(彼女)が自力で潜り込めるようになっているんだと夫婦で勝手に納得しましたヨ。

「...............ヨ」って言い方。飯田FM76.3 の YUKIさんの言い方を真似た。(つもりです)。

冬の一日。

2019.12.29 快晴

明日は、雪との予報だから周りの掃除に頑張った。里の皆もコツコツと動いてました。雲一つない気持ちの良い一日、飛行機雲もなかったです。

img_0477.JPG

山の道を走っていると、顔に見える岩がありました。なんとなくそう見えたのです。

img_0140.JPG

擁壁の苔が木漏れ日できれいに見えるのも、緑が無くなってきた冬だからでしょうか?。

img_0479.JPG

お正月の準備................ziizi

2019.12.27(金)

今日はチョッと不安定な天気。朝は小雨、昼頃は雪がパラパラ、午後には晴れ間が。でも、寒かったなあ。親戚の家で恒例の餅つきに母ちゃんが出張し正月用の餅が揃った。

img_0471.JPG

手前から大好きな「タカキビ餅」、次が「草餅」、「コキビ餅 」と四種が出来上がり。明日は手造り豆腐だ。午前中の仕事の終わった親父は、正月の松飾りを作る。注連縄とオヤス作りも。神棚もきれいにしなければと奮闘。管理責任の神社の松飾りと集会所も飾付け完了。さあ令和2年に向けての準備は完了した。

img_0476.JPG

仕事の道中、山の木の葉が落ちた後に大きなスズメバチの巣がありました。(里の様子)

img_0468.JPG

里の餅搗きは明日がピークだと思う。明後日は29日だから苦餅って嫌われるから、普通は餅つきはしない、松飾りも30日までには済ませ一夜飾りはしないことと教わっている。

注:思いこみにより、間違いも多いかも。 ziiziの戯言と笑って流していただければ幸です。あはは。

大雪となりました。

2019.12.23

霜月祭りも終わり正月の準備に入ろうと思っていた矢先、大雪になりました。20cm。

img_0467.JPG

雪かきがつらいなあ。

祭りの薪割りやりました...............ziizi

2019.11.24(日)

霜月祭り用の薪作りの共同作業やりました。伐採して、玉切り、運搬して

img_0414.JPG

割りました。

img_0415.JPG

img_0416.JPG

予備を含めて60束を作って神社へ搬入、祭りの準備は着々と進行中。作業の後は慰労会。言うまでもないか。