「喫茶かみ」で絵画展。    ziizi

  「かみむら」の中郷(なかごう)のR152沿いにあるお食事処の「喫茶かみ」。味噌カツ定食が自慢のお店です。店内で地元の高校生「あさひちゃん」の絵画が10点展示されていました。優しい絵です。1枚の中に物語が集約されていて、心がほっとします。里の「はんば亭」が混んでいて、待ち時間が30分以上だったら、パスして行ってもいいと思います。是非、寄ってみてください。ゆっくりできるお店です。

p1080435.JPG

絵画展の一枚からです。

p1080436.JPG

マスター手打ちの蕎麦も絶品ですからね、出汁も秀逸と思います。

再び山へ(最終報告)   ziizi

9/20・21と南アルプス兎岳へ。食害対策の鉄製網の荷下ろし作業です。兎岳避難小屋での前泊。あまりの寒さに小屋内にテントを仮設しました。翌朝起きて見れば夜降って溜まった水たまりは凍っていました。p1080295.JPG

7:30~ヘリによる荷下ろしのサポートです。荷造りのチェックとヘリから降りてきている搬送用フックに荷造りしたモッコをかけました。音と風に圧倒されながら作業。機長のテクニックでスムーズなホバリングと吊り上げ離脱などで安全に作業完了。後は無事に里へ帰るのみ。山は今年一番の晴れ。苦労したことが報われます。

p10803451.JPG

飯田市役所林務課の皆さんをはじめ、南アルプス食害対協、、ボランティアの皆さん、遭難対策救助隊の皆さんのご協力に感謝いたします。↓100名山赤石岳以北の遠望。

p1080308.JPG

↓ 御嶽山

p1080319.JPG

下の画は南アルプスの最南端の山々。

p1080326.JPG

そして、そして、南アルプスから下栗の里を望みます。

p1080360.JPG

兎岳に残る雨男の呪いの杖。里の山行き隊の隊長の忘れ物ですが、長い事放置して置いたことや粗末に扱っていたことなどで隊長の意思に関りなく呪いがかかったとの部下の分析。

p1080372.JPG

丁寧に石で補強して、直立してもらいました。そして帰り道、2,600m附近の山中で、オコジョに遭遇しました。

p1080416.JPG

フラッシュが光っちゃったので眼が反射。悪魔の使いのような絵になってしまいましたが、実物は可愛かったですよ。

秋の白い花が咲いてます。

2017.9.8(金)

朝、出勤途中の土手に白い花。撮りました。どうやら、白花の「ツリガネニンジン」かな?。

p1080201.JPG

去年の親戚の茶摘みの時(5月の下旬)に咲いていた「コバンソウ 」。母さんが種を採っておいてくれ、蒔いたけど細長い葉が群生してちっとも花が咲かない。これは単なる雑草かなと思っていたらなんと小判がなりました。みすぼらしい小判。どうも、栽培者の財力に比例するようですよ。

p1080203.JPG

先日の「kazu」の報告にあったとおり、今、蕎麦の花が咲いています。昨年と違う事。蜜蜂が少し戻ってきましたよ。ブンブンと良い羽音が聞こえます。画はziiziの畑。

p1080205.JPG

9月24日は「11回目のチャレンジマラニック」 。先日、コースが発表されました。今年も、里の「下栗古道」がコースに設定されています。整備は完了。9/8には点検。いつでもOKですよ。

山道への入口。 ↓

p1080211.JPG

林内の道。↓

p1080210.JPG

ここから「急なS字の下り坂」になるので、転倒注意。

p1080209.JPG

暦では9~11月 が秋。なので秋バージョンに変えました。。

漬物いただきました。................ ziizi

9/6

「み〇こたん」から美味しい茄子の漬物いただきました。いつもありがとうです。

p10801952.JPG

今回は、特に塩加減がバッチシ見た目もよろしくて、美味~~~~い‼。

そして、その日はS母ちゃんから「白瓜の粕漬け」をいただきました。

p10801981.JPG

これまた、歯ごたえ、味、絶品です。「し・あ・わ・せ」です。

そして、朝の一コマ。今年は、「ナナフシ」が目立ちます。彼らは動作が遅くて弱弱しい動きなので、助けてあげようとつまんだら足がもげ、触覚らしきものがもげてかえって迷惑をかけた。そっとしておいた方が良いのだ。

dscf77811.JPG

再び山へ②   ziizi

 8/23.24 の続き

8/23の夕方は晴れていて静岡県(愛知県?)の夜景が見えました。翌日はヘリコプターでの作業用の荷揚げが予定されてたのだけれど、ヘリの駐在地が大雨で離陸できないとの事。天候の回復を待って午前中に判断とのリーダー。朝8時から11時30分まで出来る限りの撤去作業をしました。飲料水が少なくなってきたので我慢しながらの作業です。 ここまで来たのだから花を見ることも撮ることもしなければ。

cimg3452.JPG

タイツリオウギも、

cimg3449.JPG

タカネナデシコやトリカブトのも鮮やかに。合間に、イブキジャコウソウ、タカネコウリンカなどの花が。

cimg3453.JPG

cimg3462.JPG

今日はヘリが飛べないと。リーダーの適切な判断で、即、下山の決定。帰りは笠松の尾根を急降下。ハイマツの藪漕ぎを抜け、急こう配の斜面をクリアすればシラビソの森をひたすら下ります。苔に覆われた道を下り思わず両手を広げて「苔の道~」って数十メートル走ってしまいました。どこかで見た?あの百名山一筆書きの田中陽樹さんのまねをして見たんです。....................そう、おバカさんな爺さんなのです。

「人生下り坂最高」!!。下り坂は最も得意とする分野。このフレーズもBS3 NHKの火野正平さんの自転車の番組からパクッています。だから、登ることは苦手で同行者に大変な迷惑をかけています。

南アルプスの 楽しみの一つは苔の森です。展望がない分、花や苔を愛でます。倒木や岩や苔で造る造形を発見しながら。

cimg3467.JPG

この中に妖精がいればねって。パシャリ。フワフワの苔、気持ちいいんですよ。cimg34651.JPG