農作業進行してます。

3/22(日)晴れ

里の先輩方は、椎茸の植菌作業も終わり、もう下栗芋の植付完了。茶の整枝も済ませて、野菜畑の準備も着々と進んでいます。一方、投稿者はいうと、「新型コロナウイルス」で田舎避難の孫の手を借りてキノコの植菌作業が昨日やっと完了。

茶の整枝作業も先輩に尻を押されて何とか本日終了。明日は、目出し肥を買ってと車にメモを貼った。(メモを作ったこともすぐ忘れちゃうので。=そろそろヤバイ年代に突入してきたね)

img_0609.jpg

彼岸だから墓掃除もちょっとして花を供えて墓参り。「ぼたもち」なし。稲荷寿司、三角寿司と、天ぷらで仏壇にお供えし先祖に南無~。

img_0608.jpg

生きてる子孫で美味しくいただきましたヨ。

思いかなって..........

3/12(木)晴れ

今日は長い間の懸案事項だった交流会館の庭の銀杏の木の伐採作業をしました。下の民家の屋根や畑にも落ち葉が降りつもり、伸びる枝は電線を押し上げたりして困っていました。巨木に育ってしまったので何としても今のうちに切ってしまおうという事で自治会委員数名と協力出役してくれた会員の7名で作業をしました。

img_0594.JPG

里の人達は、木登りも、チェンソウの扱いも得てたもの。熟練者には伐採をお願いして、 我ら未熟者は枝条の玉切や搬出に精を出して何とか半日で作業を終えました。

img_0598.JPG

すっかり、丸坊主になった銀杏の木。本玉は150cmにもなり、転落防止柵や土留め擁壁の一部と化しているので元切はやめてこのくらいで許してあげましょう(とても無理)。左に突き出した大きな枝はオブジェとして残しました(何時でも切れるからねと理由を付けてはありますが時間なかったの)

img_0604.JPG

今後は、毎年の花いっぱい活動や草刈り作業時に剪定していけば大きな作業はいらないでしょう。

終了後は慰労会兼反省会。チェンソーの目立ての話やら、昔のきのこの話などで知識を吸収。参加者の内3人は80代だから、いい話が聞けました。

img_0595.JPG

近くの畑では福寿草が咲いています。

視察研修................ziizi

2/9(日)下栗里の会の視察研修

年に一度の会の視察研修ありました。この時期いつもは暖かいところを目指して南下していたけれど今年は北上して近場の諏訪まで。

img_0582.JPG

まずは、「万治の石仏 」に願い事。初めに正面に拝礼して、願い事を唱えてから時計回りに3回廻って「万事叶いました」と報告すると願い事が叶うとのことで皆やっていましたね。中には、万事を願わずただただ、一点に絞っての願い事をした会員も。

img_0585.JPG

諏訪大社下社にて。集合写真を撮ってから、それぞれの想いをもって参拝しました。

img_0588.JPG

昼食会場で。会長の「楽しく、無理なく、今出来ることを前向きに(要約)」のあいさつを以て乾杯‼美味しくいただきました。諏訪といえば温泉だからね。ゆっくりと浸かって日頃の疲れを癒すことができました。

諏訪の直売施設や、豊丘村の「豊丘マルシェ」などを巡ってしっかりと研修もこなして来ました。これからの取組みへのヒントになったでしょうか。

春日待ちの祭り

1/13(月)晴れ

午後から拾五社大明神において「春日待ちの祭り」がありましたヨ。神事の後は、年末の大祭の反省会を兼ねていて、また、大祭に従事した禰宜様、主体的に頑張ってくれた氏子の人達(協力委員)、拾伍楽坊の青年衆の慰労をも兼ねての振舞いもです。

「日待ち棚」にお供餅、他に大豆(まめ)、栗、柿をお供えして一通りの神事を行いました。「マメ(元気)で来る来る掻き獲るように」のこと。五穀豊穣を願います。

img_0519.JPG

この日に併せて、「金毘羅・秋葉の権現碑」の前にて同じく神事を行いました。拾五社大明神の祭事は集落の安全と五穀豊穣 を願うことが根本です。

1/14(火)晴れ

さて、晴れがあれば里の人達は農作業や山の 作業をします。椎茸の原木の玉切り・搬出や畑の整理などが今の時期。南天やぶどう、柿の木の剪定などいろいろの作業を目撃します。

我が家でも、畑の草を整理していたら、冬眠中の方を起こしてしまいました。ごめんなさいです。

img_0522.JPG

顔が完璧に怒っていましたヨ。 プンプン

img_0524.JPG

だから、そ~っと穴を掘って、寝床を作って再度眠りについていただきましたヨ。

雑草だらけの畑ですが、毎年落ち葉を投入して土が柔らかくなっているので彼(彼女)が自力で潜り込めるようになっているんだと夫婦で勝手に納得しましたヨ。

「...............ヨ」って言い方。飯田FM76.3 の YUKIさんの言い方を真似た。(つもりです)。

冬の一日。

2019.12.29 快晴

明日は、雪との予報だから周りの掃除に頑張った。里の皆もコツコツと動いてました。雲一つない気持ちの良い一日、飛行機雲もなかったです。

img_0477.JPG

山の道を走っていると、顔に見える岩がありました。なんとなくそう見えたのです。

img_0140.JPG

擁壁の苔が木漏れ日できれいに見えるのも、緑が無くなってきた冬だからでしょうか?。

img_0479.JPG