里の耕開日誌(3/23 遊子の段畑も晴れ)

  航海2日目は、愛媛県宇和島市にある「遊子の段畑」に向かいました。

 p3230243.JPG

 2年半程前に訪れ、感動したこの段畑に、里の仲間達を連れて、再び訪れるという夢を叶える事ができました。

「耕して天に至る~里と島をつなごう~」http://blog.shimoguri.com/archives/556

 p3230245.JPG 

ライバル“西海の納言”shioさんのはからいで、地元NPO法人「段畑を守ろう会」の山下理事長さんと上田副理事長さんが迎えてくださり、段畑を案内してくださいました。

遊子水荷浦の段畑HP  http://www.danbata.jp/

「遊子の段畑」は里と同じ“にほんの里100選”に選ばれ、“じゃがいも”を特産としている共通点があります。里はこれから「下栗いも」を植え付けますが、「遊子の段畑」では収穫直前というのは驚きです。

p3230264.JPG

 この圧倒的な景観の背景には、遊子の先人達の暮らしと受け継がれる想いがあります。それは里も同様ですが、「受け継ぐ事を許されているのが自分達である」と思えたら、何かが変わるのではないかと思うのです。

p3230293.JPG 

箱舟初の県外航海は、愛媛の皆さんがあたたかく迎えてくださり、里に着いた時には日が変わっていましたが(苦笑)、同じ悩みを抱えながら頑張るライバル達の存在に刺激を受け、仲間の絆を深める事ができました。

箱舟プロジェクトは家族の理解と仲間の協力、出会った人達の応援により実施する事ができました。今年度、計画したプロジェクト事業(平成25年度長野県元気づくり支援金採択事業)を無事終える事になり、今回をもって「里の耕開日誌」は最終回とさせていただきます。

箱舟しもぐりの活動はまだまだ続きますが、改めて、今回の箱舟プロジェクトに関わってくださった全ての方達に、心より感謝を申し上げます。(船長kazu

里の耕開日誌(3/22 愛媛県内子町は晴れ)

  「箱舟しもぐり」は里の有志を乗せて愛媛県への航海(視察)にいってきましたので報告します。

 里を出航し、11時間かけて目指したのは、初日の合宿先、内子町にある「お山の学校ながた」でした。

p3230226.JPG

  「お山の学校ながた」は小学校跡地を利用し、炭焼きやピザ焼き体験、五右衛門風呂入浴ができる他、地元食材の手料理で、あたたかくもてなしてくれる体験交流施設で、地元有志の皆さんで運営されています。

p3220188.JPG

  校長(代表)の大森さんから、取組内容や施設案内をしていただきました。地元を愛し、地元の魅力を嬉しそうに語る大森さんのお話には、共感する部分がたくさんあり、箱舟の目標も「きっと実現できる」と思える勇気をもらいました。

   p3230218.JPG  

 授業(?)後には美味しい夕食をいただき、お山の学校名物の五右衛門風呂を満喫。心もお腹も満たされて、初日を終えました。

「お山の学校ながた」のHPはこちら  http://web.u-broad.jp/people/mamenagi/