希少種を残すって事..............

4/25(月)晴れ

昨日の花木の管理作業の中。下栗自治会で「ヤシャイノデ」(日本で3か所にだけある常緑のシダです)の管理も作業項目に加えてくれ、管理作業に人を配置してくれました。一昨年地域の皆で植栽して、絶滅を防いでいこうという取組です。「にほんの里100選」に選定された理由もこういう事が評価されたのでしょう。一度、人の手をかけてしまったものは最後まで面倒を見る、植林と同じことなのです。

s-dscf2266.jpg

鹿の食害から防ぐための網の中で、植栽した全ての個体が順調に育っています。もう少しすれば自力で増殖のための胞子を放出できる個体に育ちます。あともう少しです。

クマガイソウもあちこちで芽を出していますし、サクラソウも満開になりました。

s-cimg2807.jpg