収穫作業が忙しいです。

 8/10に蒔いた蕎麦を刈入れました。10/12の事です。里で残っているのはあと3軒です。雨が続いたので草刈りも停滞しています、薬草(延命草)の収穫も遅れていたので忙しい毎日です。

s-dscf2582.jpg 

食べられる実がなるものが好きなので、色んな種類の果物に挑戦。梨は10年ほど前に植えました。消毒や施肥をこまめにやらないと実になりませんです。確か「幸水」という品種の赤ナシです。一見普通にに見えるけど実は小さいです。直径6cmでした。でも、味は負けてません。

s-dscf2583.jpg

最近、急に気温が下がってね、寒いです。山の中は、秋に確実に 移行しているけど。ガマズミの実だと思う。前から車が来ちゃったので慌てて撮った画です。

s-dscf2586.jpg

途中沢の最近の様子です。紅葉が遅れています。ziiziの観察では昨年と比べて1週間の遅れかも。

s-dscf2585.jpg

親父とせがれと蕎麦畑(10/10kazu)

久しぶりの休みが快晴となり、親父の手伝いで蕎麦刈りをした。

子どもの頃、嫌々ながら手伝う中で、「畑の土が下がらないように歩け!」とか「蕎麦の“実”が落ちないように大事に扱え!」と教え込まれたつもりだが、刈り始めるやいなや、親父にさっそく「そうじゃなくて、穂が揃うように束ねろ!」と一喝され…。「はいはい」と言いかえしながら、刈っていると今度は「おい、そこに刈り残しがあるぞ!」とまた一喝…。

蕎麦蒔きを手伝えなかった自分からすれば、親父が作ったもの(蕎麦に限らず)を収穫して食べさせてもらってる立場だし、後の蕎麦の脱穀作業も手伝えるかわからんもんで、作業しやすいように手伝わんといかんのは確かで、素直にきいているけれど、人のやる事には厳しい親父の小言みたいな指導は、「まだ、里の坂畑をほとんど経験してない嫁さんにはイラっとくるだろうなぁ…」と思いながら、親父のお小言を聞いてやるのはせがれの役割かとふと思う…。

だいぶ慣れてきて、黙々と作業していると、今度は親父が「この間の運動会はどうだった?」「そこらの蕎麦は虫にやられたがどうだ?」と思いついたように話しかけてくる。適当な返事しながら、「あぁ、こんなふうに親父と話すのもひさしぶりか」と思う。ふと、親父が束ねる蕎麦と自分のを比べてみると、親父のほうが整っていることに気づいて、「この人、口だけじゃないな…」と…。この技術を受け継ぐのもせがれのつとめかと思う…。

蕎麦の収穫は無事に終わり、一応手伝ったという自己満足以上の何かを得られた気がした。

1476358474234.jpg

 蕎麦刈りが終わるといよいよ紅葉シーズンとなります。山は色づき始めましたが、朝晩は冷え込むようになってきました。今後予定される「にほんの里100選の4地区交流会」、「第20回ふれあい祭り」、そして「霜月祭」へと、秋という季節の忙しさとみじかさを思い出しながら、まぁ、いい休日だったと振り返って、ちょっと気取ってブログを書いてみました(笑)

秋のきのこが出始めました。

10/9(日) 午前中は結構な大雨でした。

午後になり集落を一回り。山の中の道にはキノコ狩りでしょう。いつも見かける黒の軽自動車が止まっていました。 自分の山も一回り。早生のナメコが大きくなってしまっていたので慌てて収穫し、夕飯の味噌汁にしました。

s-dscf2569.jpg

山の中に大きくなり過ぎた「タマゴタケ」がありました。収穫したけどね、テングタケの仲間だので食べるには少し腰が引けます。よ~く調べてから明日の朝、調理してみましょう。

s-dscf2568.jpg

かみむら大運動会    ziizi

 10/8(土) 曇り時々小雨時々晴れ間があるくらい。

こんな天気の中、かみむら大運動会がありました。 旧かみむらの4地区が一体となって何とか続けられている運動会です。保育園児・小学校生11名と先生方・保護者・地域の0歳児から高齢者まで1日を楽しむことが出来ました。

s-cimg3104.jpg

昨年は分館対抗で最下位となりましたが、今年はどうしたんでしょうか。苦手種目の「玉入れ競技」でなんと1位となってしまい、 次の競技でも2位となり最終種目結果次第では優勝も狙える?って欲張ったのでちょっと失敗。準優勝でした。でもこれが「下栗の里」。参加者は十分に楽しみました。慰労会で酔っぱらう前に恒例の集合写真をパチリ‼

s-dscf2560.jpg

酒宴が進み、大人の無茶振りで小学生が「よさこいソーラン」を披露する羽目に。でもキッチリやってくれました。

s-dscf25651.jpg

15:30から17:30まで飲んで語って万歳三唱。片付けの後、さらに十五楽坊の総決起集会に移行。デモとか過激な集会ではないですよ。お祭りについて熱く語っていました。記憶では20時までは覚えていますが。多分そのあとも続いたのでしょう。

地バチ(クロスズメバチ)

 先日のこと。地バチをもらいました。巣から、蜂を抜くのに一時間。コツコツと地味〜な作業。爺さんになって、単純な農作業にも持久力がついたかなって思っていたけど、この地味な繰り返しの作業はやっぱり苦手です。

s-dscf2554.jpg

抜き終わってからカラ煎りし水分を飛ばし、砂糖・塩・醤油で 味付けして出来上がり。瓶詰にして冷凍保存。その前に味見して一杯のおつまみになった事は当然です。  う~ん。い・け・る。

s-dscf2556.jpg

今日の、南アルプス聖岳と遠山川の深い渓。  良い景色です。

s-dscf2557.jpg