高齢者クラブの小正月飾り(1/11 kazu)

この日、地元の上村小学校では、高齢者クラブの皆さんによる小正月飾り指導が行われ、里からも3名の方が参加しました。はじめの会では高齢者クラブを代表してTさんが、小正月や飾り(にゅうぎやアワ棒など)の説明をしました。

dsc00778.JPG

それから小学校玄関で、にゅうぎやまゆ玉を子ども達と一緒に飾りつけました。里から通う4人の子ども達も楽しそうに飾りつけを行い、立派な小正月飾りになりました。

dsc00831.JPG

たまたま立ち会うことになりましたが、里でも、小正月飾りを行う家はわずかなので、貴重な体験です。自分も上村小学校時代に、こうして高齢者クラブの方々に教えてもらい、同じ体験したことを思い出しながら見学していました。

そういえば、年末、我が家の正月飾りは、父親の指導を受けながら行いました。1年に1回のことでなかなか覚えられませんが、今年は嫁さんにも少し手伝ってもらって3人でやった印象に残る作業でした。伝統や風習の全てをそのまま続けていくことは大変なことですが、その意味や知恵は大切にしていきたいと思ったひと時でした。