種芋の消毒とか色々忙しい日々      ziizi

2017.3.16(木) 晴れ

今日は行事や作業が色々とありました。まずは下栗芋の種芋の消毒作業。集会所の庭に各自で持ち込み、共同での消毒作業でした。芋の肌と食感を損ねる「黒あざ病」「ソウカ病」を予防するためのひと手間です。 この作業に先立ち、秘密の伝統作物の栽培奨励の話や下栗芋の多収化に効果のある栽培方法の提案とか、しっかりと学習して今年の作付、栽培に向かいます。

dscf3041.JPG

どうも里で一番早い農家でしょう。もう植え付けを終了しました。当然のこと、病気を防ぐための消毒は済んでいます。

dscf3030.JPG

dscf3031.JPG

夜には「下栗生産森林組合」の36回目の総会開催されました。すべての議案を原案どおり可決され、役員の改選も行われ新年度に向かいます。

小学校の卒業式もあり、お茶の栽培の講習会もありました。

さて、他にもいくつかの小さな出来事が。

①モグラが転落して凍死?昨日の事でした。H=4mのコンクリート擁壁の上には畑があります。かわいそうだけどそのままにしておきます。今日にはいなくなっていました。食物連鎖です。上位の獣などが片付けて行きます。

dscf3033.JPG

②木沢村の梨元停車場に立派な施設が出来ています。工事看板には「コア施設」とありましたが、意味は解りません。埋もれ木の展示の一翼を担っているようです。立派な屋根ができて、風化の進行は防いでいける事でしょう。

dscf3028.JPG

③同じく木沢村の取水堰堤の水面にカモが3羽泳いでいました。北帰行しないのかな?。ずーっとカメラで狙ってみたけれど、 逆光で撮影できず。8時15分頃には泳いでいるのだけれど、帰りの時間帯の9時15分頃にはどこかへ行ってしまいます。 撮りたい!。明日も頑張ろう!。

④昨年救助した「山百合」が、おそらく猿の仕業でしょう。球根を掘られてしまいました。おまけに、栽培種の百合までやられました。  クソ‼。 絶対に退治してやる‼  おまけに自宅の上部の土手は猪と思われる掘削の跡が。掘削は比較的おとなしいので子供と思います。もっと上の畑で掘り返されていたので、くくりワナを二つ掛けて待っていたのに周囲で悪さをしています。彼らの方が上手です。椎茸の防御をしなければなりません。