古桜の下で(5/3 kazu with 家族)

我が家の畑にある古いしだれ桜が、今年も花を咲かせました。畑に通う父親のその話を聞いて、母親と嫁が花見をしようと言いだし、桜の下でお茶会をしました。

 e88ab1e8a68be291a0.jpg

里の中でも遅咲きなこの古木は、だいぶ弱ってきていて、年々花のつき具合が寂しくなってきましたが、それでも今年もきれいな花を咲かせてくれました。我が家のとっておきともいえるこの畑からの眺望は、南アルプスはもちろん、里を見下ろせる絶景ポイントの一つと自負しています。思いつきでこんな時間が過ごせるのは住んでいるからこそとありがたさを再認識しました。

e6a19ce381bfe3828b.jpg

しだれ桜のようにだんだん腰の曲がってきた父親が、桜の花を見ながらスッと腰を伸ばす。嫁と二人、同時にパシャリ!うまく撮れた?!とお互い顔を見合わせる(笑)2人がこの味を出せる里人になれるかどうかはまだまだ先の話…。

GW  ゆる~い「春まつり」 やってます..........ziizi

2017.5.4

おはようございます。昨日からの里の春祭り(ちょっとした販売ブース設けただけなんだけど)で疲れて帰ってきてからバタンキュウで眼が覚めたら真夜中。ま、報告だけしておこうかなと・・・・・・。なんとか集めた山菜はほぼ完売。

お客さんが何点も買ってくれると計算機で入力、何回やっても合わない。お客さんの暗算で精算額が決定。これで良いのか里のじいじ達。言い訳は「土ばっか見てるので計算機は苦手だ」。ま、いいじゃないか。メチャクチャのゆるすぎなひと時を味わってください。あっと。お客さんの値切り交渉の一幕から。300円単価の物を3点買いあげいただいたお客さんから一言「三つ買うから1000円に負けてね」って。こんな時だけ、速攻、良いですよっていえる柔軟性もまだまだあった。お客さんも我らも似たものどうしで「のほほん」。

dscf3209.JPG

今年から「高原ロッジ」から美味いもんがチョッとだけ増量。

dscf3206.JPG

さらに椎茸の駒打ちもやっているけど、お客さんはちょびちょび。駒を打つ体験つきでお持ち帰り1本500円。多分、日本一安いと思う(日本一が好き)。しかも、2年後にきのこが採れなかったらもう一度来て言ってくれれば 出るものを差し上げますって言ってますから、利用しようね(笑)。ただし、「駒打ちじいさん」が覚えていればの事になるけど、どうも最近、アルチューハイマ―の進行が進んでいるような ので洒落でってことで。

dscf3211.JPG

PS         さて、家の中に最近出没する虫。どうもゾウムシというらしい。 カメムシとは違うらしいが退散願おうか。